投網・巻網などの漁具専門オンラインストア
お客様も魚の天敵に
カートを見る

初めての漁で網の選び方にお困りの方へ

網で魚を獲る楽しさや魅力を友人や知り合いから教えてもらい、いざ網を購入したいけどどれを選んでいいかわからない。
投網(とあみ)は打ち方(投げ方)もわからない。などなど、釣りとは異なり知らないことが多いかと思います。
ですがご安心ください!
吉田漁網では初めての方でも投網の楽しさを味わっていただくようになっていただくために、網選びのポイントから投網の打ち方までのさまざまな情報を用意しています。
今回は網選びのポイントとおすすめの網の紹介です。

釣りはしたことがあるが、網を使った漁はしたことがないからやってみたい!そんな方に向け初めてでも楽しめる網や網の選び方を紹介します。今回は当店へ一番問い合わせが多い鮎をターゲットにしていますので参考にしてみてください!
獲りたい魚の種類や大きさ、川の幅や深さ、流れの速さなどで網選びも変わってきますのでまずは、獲りたい魚と川の様子を思い浮かべてみましょう!

魚の大きさと川の様子を確認しよう

網を購入して網漁に行くとしたら、おおよその時期や網を使う川のポイントを想定されていると思います。
網は、その時期にその川のポイントにいる魚の大きさと、川の深さや流れの速さで使う網を選択します。川底が深く流れが速い川になると、網を使用する難易度が上がりますので、初めての方は膝ぐらいまで浸かる程度の浅瀬で比較的緩やかな流れの川で始めることをおすすめします。
投網の場合、川底が深く流れが速くなると、動いている魚を捉えられるように、網が速く沈むことや、仕掛けた網が流されないような重たいオモリが付いた網が必要になってきますので、網全体の総重量が増えて扱いにくくなりますし手繰り寄せる際に体力が必要になります。

やはり初めての方におすすめする投網は、扱いやすい網をおすすめしているため獲れる魚は小さい稚鮎などが対象になってしまいますが河川の状態や獲りたい魚の大きさを基準に選ぶのも楽しみの一つです。

初めてでも漁を楽しめる2種類の網

漁そのものが楽しめる投網

投網(とあみ)とは魚がいる所に網を投げ入れ、つりがね状に網が沈み、その中に入った魚が逃げようとすると網裾(沈子「クサリ」部)の袋(袋状に加工)に入る仕組みの漁具です。
投網の魅力はなんといっても一人でもできる手軽さと、自分がここぞと言う所に投網をうち、魚が獲れた時の喜び!
また投げ入れた投網を引き上げる際、網の中で魚がピカピカ光る姿はもうたまりません!
吉田漁網の投網は段継ぎ数(目数を増やす繋ぎ目)を多くすることで、バランスよく網が広がるように設計してあり、一つ一つ手作りで作っています!

まずは釣果ならぬ網果を挙げる巻網(刺網)

巻網(刺網)を川に張り、鮎を追い込み、網を端から順に手繰り寄せ、鮎が滝の様に掛かった時は何とも言えない喜びがあります。
そこまで鮎が掛かると網から外すのに時間は掛かりますが、初めての方でも楽しんでいただけると思います。
魚をお子様と一緒に外すとお子様も大喜びで自由研究にもぴったりです。
吉田漁網の巻網(刺し網)は網地を多く使用している為、網にゆとりができ、鮎など魚がよくかかります。
網地の少ない巻網は網の目が張りすぎてかかりがわるくなります。
また錘は鎖(クサリ)錘ですので底の石と石の間の隙間ができにくく、魚が隙間から抜けにくくなってます。
下部の袋はこだわりの大目三段で一目一目手で結いています。
巻網の長さは川幅に合わせて選択ください。

関連リンク

サポート情報

網選びにお困りの方、ご相談ご質問はお気軽にお問い合わせください。

ショップ店長:吉田真規

ショップ情報

〒636-0205
奈良県磯城郡川西町保田248
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜日・祝日

TEL 0745-44-0158
/ FAX 0745-43-0789
営業時間:9:00〜18:00 定休日:日曜日・祝日