投網・巻網などの漁具専門オンラインストア
お客様も魚の天敵に
カートを見る

投網の投げ方とコツ

投網(とあみ)はきれいに網が開くようになるにはコツが必要です。
釣り竿のリリースやスポーツと同じようにコツを掴むまでは投げる(打つ)までの所作を覚えるまで練習が必要になってきますが、練習するうちに少しずつ投網の拡がりが大きくなってきますので動画を参考にして根気よく練習しましょう。
初めて練習される方は動画のように公園や周りに人がいない所で練習されることをおすすめします。
また総重量が重い投網や網丈が長い投網は扱いの難易度も上がりますので、小さめの投網から始めるのが良いでしょう。
投網の拡がりが大きくなるにつれて一度に網に入る魚の漁も増える確率が高まりますので大漁を目指すのみです!

投網を打つ準備

まずは投網を打った時に網が手から離れないように、手縄を固定する輪を作り、利き手と反対の手首(今回は左手)に輪を通します。
次に利き手(右手)で手縄の「もつれ」や「ねじれ」を取り除きながら、左手へ手縄を手繰り寄せていきます。この時、投網の網丈が自分の身長より長い場合は自分の身長の半分程度になるまで手縄と同じように手繰り寄せます。
そのまま左手で網を持ち上げ、網がねじれていないことを確認したら、網の一番手前の部分をつまんでピンと張りながら左肘にかけます。
今度は右手で網の半分を順に手繰り寄せ右手に網の半分、左手に網の半分を掴みます。
この時、左手の網を掴んだまま右手で手繰り寄せることになりますので、一旦右手の人差し指と親指で網の半分、それ以外の指で半分を持ち左手に持ち替えます。
これで投網を打つ準備が整いました。ポイントは手縄や投網を手繰る際に「もつれ」や「ねじれ」がないように手繰り寄せることです。

実際に投網を打ってみよう

投網を打つイメージとしては、フリスビーを投げるようなイメージです。(利き手が右手の場合は)体をすこし左にねじり、ターゲットに向かって右腕がまっすぐに伸びたところで手首を素早く開きながら両手を離します。

なんどか練習するとコツが掴めると思いますが、当店に近い地域にお住まいの方は直接弊社へ来ていただければアドバイスいたします!
弊社へお越しのお客様は事前に連絡をお願いいたします。

サポート情報

網選びにお困りの方、ご相談ご質問はお気軽にお問い合わせください。

ショップ店長:吉田真規

ショップ情報

〒636-0205
奈良県磯城郡川西町保田248
営業時間:9:00〜18:00
定休日:日曜日・祝日

TEL 0745-44-0158
/ FAX 0745-43-0789
営業時間:9:00〜18:00 定休日:日曜日・祝日